焚き火台を導入したらアウトドアライフが変わった!

キャンプの楽しみは人それぞれだと思いますが、多くのキャンパーが大好きなのが『焚き火』です。
しかし、キャンプ場では地面に直火での焚き火が禁止されている場合も多いのも、また事実です。

そこで『焚き火台』の出番です。
焚火台を使用することで、キャンプ場だろうとどこだろうと焚き火をすることが可能です。

「バーベキュー用のコンロがあるから必要無い。」って思いました?
そんな意見も最もだと思います。

しかし、焚き火台の最大の魅力は男のロマンにあるんです。
バーベキュー用のコンロだと、どうしても『旅してる感』とか『仲間と語り合う感』が出づらいと思いませんか?
焚き火台を使えば明るく燃える炎がより一層際立つので、雰囲気が最高になります。
さらにはお酒の力も相まって、いつもより饒舌に語り合ってしまうことも多いです。

いつもは木炭で火をおこしている方も、これを機に薪を使って火を起こしてみるのもいいのではないでしょうか?
自然の中を歩いて地面に落ちている枝を拾ったり、着火導入のためのまつぼっくりや木の皮を採集したり。
いつもとは違った楽しみ方に目覚めることになると思います。

さらに、普段やっている、チャッカマンやライターで着火剤に火を付けることすらもなんとなく無粋に思えてきてしまいますね。
火打ち石を使ってみたり、まずは細い枝を入れて徐々に太い枝に移してったり。

焚き火台を使用することによって、『火を起こすという行為』すらもそれ自体が目的になってきて、アウトドアしてる感が否応なしにアップします。

火を絶やさないように注意し、安定してきたら『炙り』にもチャレンジしてみましょう。
定番のマシュマロからチーズ、ウインナーなど、本当になんでも美味しく食べることができます。
上級者になってきたら、魚に串を打ち込んで、遠赤外線でじっくりと焼いて食べるというのも最高ですね。

これが焚き火の魔力なんです。
焚き火台のおかげで私のアウトドアライフが一気に加速することになりました!

WAQアウトドア用ポータブルチェア